8月のラ・クーファミリーNO.2

Posted by いとう | Posted in 今月のラ・クーファミリー | Posted on 2018年08月10日

皆さんは、本音をどこまで言えますか?

20年前位になりますが、都内の世田谷区にあるペットショップに勤めていた時、お客様は意志のハッキリした方が多かったのでお客様の本音は分かりやすかったです。

チャキチャキの江戸っ子というのでしょうか?潔くてはっきりされている方が多かったです。

商品を買っていただくにも、シャンプーカットスタイルの希望や仕上がりの意見も、ストレートに聞けていました。

それは嬉しかったり落ち込んだり状況により様々で、当時まだ若かった私はキャパシティを超える仕事の責任とお客様からのダイレクトな意見の間で不安と闘いながら必死に仕事をしていました。

言われてつらかった事や失敗も、言われてうれしかった言葉や知れてうれしかったお客様の気持ちも、いい経験として覚えています。

東京を離れて郡山で働き始めた時にまず感じた事は、「お客様がやさしい!」という事でした。

やはり、東北の人は、物静かで大らかでやさしいですよね。

話を合わせたり、言いたかったことを飲み込んだりする事が多くないでしょうか。

もめ事が嫌いだったり、誰かを不快にする言葉は言わないし、場の空気を壊すこともしないですよね。

例えば、ご自分の美容室ではどうですか?

ちょっとイメージと違ったり希望とは少し違っても本当の事が言えなかったり、勧められた通り、言われた通りにうなずいてしまったりしませんか?

出来上がってしまった後に、「もう少し切ってほしい」「もう少しゆるめのパーマが良かった」と言う勇気はなかなか出ませんよね。

お客様の気持ちを汲み取ろうと努力されている美容師さんだったり、信頼関係が出来上がっているなら、そんなコミュニケーション不足は起きないと思いますが。。。

では、ワンちゃん・猫ちゃんのお手入れに関しては皆様本音を言ってくださっているでしょうか?

「本当に満足して下さっているのかな?」「ご希望にそえているのかな?」という不安はずっとあります。

皆様からご意見が聞こえることがほとんどないからです。

先日、ご来店歴の長いお客様方に

「実はね、シャンプーの後下痢をすることが続いていて・・」

「カットの後、様子が変わってしまってね・・・」とそれぞれにお話を伺いました。

教えていただかなければ分からなかったことです。

お手入れ中やお預かりしている時間内にあったことはお伝えするようにして、お家に帰ってからの心配に繋がらないようにしているのですが、お家に帰ってから、私たちが想像していなかった事が起こる事もあると思います。

その原因は、トリミングをしたせいかもしれませんし、そうではないかもしれません。

ですが、そんな結果になってしまったことを知っていれば、次から出来る対応が出てくると思います。

物いえぬワンちゃん猫ちゃんですので、私達トリマーと飼い主様との信頼関係は何よりも大切です。

私達もお客様からの言葉が聞けるように努力しますので、どうぞ皆様もお気軽にご意見ご感想をお伝えいただきたいと思います。

その際にはぜひ、「後からでもいいか」「次回の時に話そう」ではなく、日にちの経たないうちに教えていただけると状況を把握しやすいので嬉しいです♪

くるみちゃん

クロちゃん

タローくん

チョコくん

チロルくん

ノンちゃん

バズくん

ひめちゃん

プーちゃん

ベンくん

ポンくん

ミニーちゃん

ムートくん

モカくん

モカくん

モコくん

もこくん

ラテくん

ラムちゃん

リンちゃん

Comments are closed.