☆★☆保健所の取り組み☆★☆

Posted by いとう | Posted in スタッフ日記 | Posted on 2017年02月16日

保健所のお話をもう1つ。みなさん、犬猫で保健所というと、どうしても殺処分のイメージが強いと思います。

野良犬が捕獲されて保健所に・・・

産まれてしまった子犬子猫が飼えないから保健所に・・・

と言うのが、昔からの保健所の嫌なイメージですよね。

ですが、今の郡山保健所は違うのです!

ここ何年かで、「保護した犬を保健所に連絡してお願いしたら、その子はちゃんと自宅に戻れた」という事例が私が知っているだけでも数件ありました。

郡山保健所の生活衛生課 動物愛護係の獣医師さんや皆さんは、殺処分を減らすため、迷子の子達をお家に返すために尽力されています。

H27年度の飼い主さんへの犬の返還率は93%だそうです!!!凄いですね!

15年前は30%位だったそうです。

迷子のワンちゃんが自宅に帰るには、飼い犬の登録・狂犬病予防接種は必須です。

迷子札の装着やマイクロチップをする事も有効ですよね。

無事に自宅に帰れないワンちゃんは、譲渡会で新しい家族との出会いの場が設けられます。

保健所の譲渡会の告知は、フリーペーパーなどで見かけたことがあると思います。

猫ちゃんに関しても確実に効果は上がっているそうです。

保健所の見方が変わりますよね!

ですが、保健所だけが頑張っていて、そこに甘えるだけではいけないとも思えます。

1人1人の飼い主さんが、「自分の子は自分で守る」を徹底する事が大事だと思います。

「うちの子は逃げないから大丈夫」は完全ではありません。

もし、自分の子が迷子になってしまったら、迷子犬を保護したら、保健所に助けを求めてみてください。

昨年末に全国紙の新聞折り込みに掲載されたという記事をコピーしてもらってきました!

時々、ネットニュースで保護犬の話題や、「○○県で殺処分ゼロ達成!」という記事を見かけますが、我が町郡山市もそんな日が近いんだと思うと、うれしくなりますよね。

保護犬猫の問題には、いろいろな局面も現実もあるとは思いますが、幸せな子が増えてほしいですね。

私個人的に出来ることは限られていますが、自分に出来ることで応援出来たらいいなと思います。

Comments are closed.