2月のラ・クーファミリーNO.6

Posted by いとう | Posted in 今月のラ・クーファミリー | Posted on 2020年02月28日

コロナウィルスのニュースで、ペットへの心配をされている方もいらっしゃると思います。

私が個人的に得た情報ですが、紹介したいと思います。

こちらは2/26に見つけた情報です。

********************************

「自分の飼っているペットにもうつる?」「ペットからうつされる?」と心配される方もいらっしゃると思います。

アメリカ獣医師会、世界小動物獣医師会で発表された見解によると、

*犬にも猫にもコロナウィルスは感染するが、動物種独特のものであり種を越えて感染しない。

*すなわち犬のコロナウィルスは犬でのみ、猫のコロナウィルスは猫でのみ伝染しあう。同様に2019n-CoV新型コロナウィルスは、人の間でのみ伝染する。

*たとえ自分が2019n-CoVに感染したとしても、自分の2019n-CoVウィルスを、犬猫に伝染させることはない。

*ウィルスは、まれに突然変異を起こし変化する。それゆえ、将来的にはどうなるかわからないが、現時点では種を超えた感染が2019n-CoVにはない。

*新型コロナウィルスが、人からペットに移り、ペットは発症しないがウィルスを所有し、次の人に伝染させるという「ペットの媒介」も今のところは否定されている。

*よって、自分のペットが新型コロナウィルスに外で感染し、家に持ち帰り自分に移すという事も無い。

*しかし、猫は外に出さずに室内飼いにし、犬も衛生状態を保ち、キレイにして飼うこと。

*犬のコロナウィルスワクチン(消化器症状)について。

「今の人の新型コロナウィルスが変化して、もし将来犬にも伝染するようになった時に、消化器コロナウィルスのワクチンを今、犬に接種しておけば、ひょっとしたら、同じコロナなので免疫が出来て肺炎で死亡しないかもしれない」と言って、現在の消化器コロナワクチンをむやみやたらに犬に接種しない様に、と獣医師に警告している。これは意味のないことと警告している。

***

ペットは衛生状態とよい栄養状態を保ち、極力室内で飼い、動物を触った後は手を洗うという衛生管理は、何も今に始まった訳ではなく、普段から推奨されていることです。

ペットが病気を媒介するとか、コロナの入った混合ワクチンを念のために接種するという非科学的想像理論に、どうか惑わされませんように。

**************************************************

長文になってしまいましたが、安心できる内容でホッとしました。

ですが、過去にない事ですので、新しい情報を確認しながら、その都度対応していきたいですね。

不安が広がる毎日で、日常が変わってきてしまっていますが、なんとか乗り越えたいですね。

Q太郎くん

アイポットくん

あずきちゃん

グリコくん

ザイザイくん

シェリーちゃん

ちくわくん

ちびちゃん

チャコちゃん

チャチャくん

チャッピーちゃん

ティナちゃん

パピーちゃん

はるくん

ピースくん

ひまわりちゃん

プリンちゃん

マッキーくん

マロンちゃん

モコくん

ランちゃん

ロイくん

時和くん

小梅ちゃん

**************************************************

キレイな色で、とてもかわいいロールケーキ嬉しいです!(ランちゃん&はるくんより)

Comments are closed.